*rubytuesday

日々のつれづれ

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
<< 海辺のカフカと村上春樹 | main | CATS日記 >>

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

土の中の子供

2005.08.08 Monday 00:14

第133回(だったかな?)芥川賞受賞「土の中の子供」読了。
なんだか母が買ってきたので、私も読んでみました。

内容は…エート…。
27歳、タクシー運転手の主人公は親に捨てられ、引き取り先で暴力に耐える子供時代を送った。その彼の無気力ライフ日記(信じないように)。
以下ネタバレ感想。

これが芥川賞なのか…。というのが最初に思った感想でした。まあ芥川賞にいまさら何の期待もしていないぜと思いつつも、やっぱり一応期待して受賞作はチェックしてしまう私も私なんですが。
これをして「THE純文学なり!」ということで、この小説が芥川賞となったのかなあ。だとすれば、そりゃ純文学は売れないよなーという感じ。
テーマは幼児虐待と、そこからの再生?なのかなあ。私はこの人の単調な文章が非常に気になって仕方がなかったです。読点のパターンがいっつも一緒でつらい。淡々とした効果を狙っていたのかもしれないけど、寝そうになってしまいました。まあそんな事は個人の好みの問題だと思うから、どうでも良いんですけどね。
なんかこう、非常に「頭の中だけで書いてる小説」という感じがしてしまったのです。小説って基本的に皆頭の中だけで書いているとは思うんだけど…なんというか、リアリティが感じられないっていうか。
特に、主人公の恋人(名前が白湯子ってところがもう私は駄目でした。中国人かと最初思いました=パイ・なんとかみたいな)がぜんぜんリアリティ感じなくて、水商売臭もアル中臭もないし、人物に説得力がない。だから何を言ってても私には響いてこなかったのです。
作者も27歳だそうで、この世代に(って私もだけど)特徴的な無気力感、閉塞感が息苦しくてうっとうしかった。あとこの世代の無気力小説っていうのも、なんだかあまりにもありがちなような気がするんですよね。その部分に共感する人もいるんだろうけど、私にはさっぱり出来なかったなあ。
そもそも幼児虐待ものって手垢がつきすぎているので、それを小説として読ませるのは難しいのかなと思いました。シリアスな問題ではあるんですが…。
表題作よりも、一緒に収録されている「蜘蛛の何とか」(・・・)の方が私は面白く読めました。ニート小説って感じ。

しかし芥川賞といえば、村上龍や池澤夏樹、それに中上健次なんかが取った名誉ある賞なんだから、もうちょっと考えて選考して欲しいです。本を売るための賞な訳だから、今後も売れる力のある人にあげて欲しい。でないとせっかくとっても本が売れないって!


■今日読んだ本■
「日経ビジネス」
青山剛昌「名探偵コナン49巻」

| yuki | 読書日記 | - | - |

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday 00:14

| スポンサードリンク | - | - | - |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND