*rubytuesday

日々のつれづれ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
<< リンダリンダラバーソウル、バンギャル・ア・ゴーゴー | main | ブルーノート/チック・コリア、サム・ムーア >>

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

キップをなくして、チッチと子

2010.11.18 Thursday 00:00

 小説2冊。何れもライト。

■池澤夏樹「キップをなくして」
都内のJRでキップをなくした小学校高学年の主人公が、東京駅に住む「駅の子」のひとりになって、夏休みまでを過ごすって話。
東京駅の秘密の場所に駅の子が住んでるとか、電車乗り放題とか、キオスクでお菓子食べ放題とか、駅弁全部ただとか、小中学生ぐらいならきっとわくわくする本。子供の頃の一人で電車に乗った時のどきわく感を思い出す。中学生はこれで読感文書くといい。
池澤夏樹の子供への生死感のメッセージでもありますな。
ほぼ児童文学に近いけど、大人が読むとノスタルジックで面白いと思います。

■石田衣良「チッチと子」
売れない小説家の父と子のスローライフ的な。
売れない作家が主役。デビュー作(池袋ウエストゲートパーク)でガツンと売れて、それから売れっ子作家の道をひた走るイラたんなので、自伝的要素はないんだろうけど、やっぱりちょっと重ねちゃいますね。
そして作家にとって、直木賞がどれほどの意味が有るものなのかが生々しく解る。2ちゃんを読んで落ち込んだりとか、ナイーブで必死な作家の生態がけっこうリアルでしたな。若い女にモテ捲くるのはやはり衣良節というか。
この人の本は本当にソツがない。良くも悪くも。ほわっと和むし、硬い本はちょっとって時に読むといいかも。
(ちなみにイギリス旅行中に読みました)

| yuki | 読書日記 | - | - |

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday 00:00

| スポンサードリンク | - | - | - |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND