*rubytuesday

日々のつれづれ

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
<< キップをなくして、チッチと子 | main | 死の泉 なれずもの ベンジャミンバトン数奇な人生 >>

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

ブルーノート/チック・コリア、サム・ムーア

2010.12.18 Saturday 00:34

 
ブルーノート貧乏です。
でも最高だったので久々にライブレポ。

チック・コリア
母が行きたいとゆーので8月に早々にチケットを取り、やっといけた1年半ぶりのチックコリアです。今回はブラスバンドで知り合ったカップルなお友達夫婦と一緒に。
もう、見る前から解ってるんだけど、最高でしたよー…!
今回はチック・コリア(ピアノ)、クリスチャン・マクブライド(ベース)、ブライアン・ブレイド(ドラムス)の3人編成。
ブライアン・ブレイドは昨年2月のチック・コリアライブの際もドラマーとして参加していて、その時かなり惚れたんですが…
もう今回もやっぱり最高だった!今一番好きなドラマーかもしれない。何で彼のドラムはあんなに楽しいんだろう。
クリスチャン・マクブライドも、たぶん前回に引き続き。うちの母と、一緒にいった夫妻は、マクブライドにベタぼれでした。なんか別次元のウッドベース。ソロでわくわくする。
そして何よりチック・コリア!ゆるーく楽しそうにピアノを弾いているんだけど、その余裕、凄さを感じさせないテクニックに酔いしれる。この人のジャズは本当に楽しいです。このトリオは、すごくピースフルで、なによりも一番演奏してる彼らが楽しそうで幸せになれる。
とっても素敵な一夜でした。チック・コリアに握手してもらっちゃった!

サム・ムーア
迷ったんだけど結局行ってしまった、サム・ムーア。ソウルレジェンド!
来日公演は次が有るかも解らないし、行けるときに行っとけ!が鉄則だと思いギリギリに決めていってきました。
ほんとにほんとに行ってよかった!最高だった。
サム・ムーアは本人が楽器なのです。声帯が楽器というか、なんつーの、彼そのものがソウル!って感じ。そんな感覚になるボーカリストってあんまりいないけど、サム・ムーアはまさにそう。
客席もめちゃ盛り上がって、総立ちのブルーノートって私は初めてでした。ずっと踊ってハッピーでした。SOULMANもHOLD ONも本物を聞けて感動で鳥肌もの。これもまた奏者がみんな楽しそうなの。音楽を本当に楽しんでるのが伝わってくるところが、客席もハッピーにするんだろ うな。
しかも最後に、キヨシローに捧げると言ってから、You'r so beautifulを歌ったのでした。まじで泣けた。キヨシロと親しかった(というかキヨシロがリスペクトしてた)んだよね、サム・ムーア。
そういう所もホントに素敵だった。最高すぎて友達と二人でワインボトル空けた(笑)

やっぱり値段もそれなりにするし、なかなか敷居が高いかもしれないけど、ワールドレベルのジャズミュージシャンのライブが体験できるのはブルーノートがあるお陰かなと思う。
ワインとチーズとジャズ、これ最高。
次は来月マッコイ・タイナーに行くぜぃ☆

| yuki | 音楽日記 | - | - |

スポンサーサイト

2011.11.08 Tuesday 00:34

| スポンサードリンク | - | - | - |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND